一般 · 不動産売却 · 専任

不動産売却の一般媒介と専任媒介の違い

不動産売却において、売却物件の購入者を募る際には宅地建物取引業者と媒介契約を締結した上で行うことが殆どですが、この契約には大きく「一般媒介契約」と「専任媒介契約」の2種類の形態があります。

一般媒介契約は、不動産会社の手を借りながら、自分でも買い手となる人を探したい場合に有効な契約形態です。特に複数の不動産会社と媒介契約を結びたい場合は、自ずとこの契約形態になります。複数のルートを確保できることから買い手を見つけやすいですが、契約を締結した不動産会社の社名を明示する必要があることと、販売活動の状況を売主へ報告する義務が無いため、どのような活動をしているのかが把握しにくいのが難点です。

一方、専任媒介契約は、付き合いのある不動産会社に手続きの一切をお願いしたい場合に便利な契約形態といえます。専任という言葉が使われていることからわかるように、この契約形態では1つの不動産会社のみと媒介契約を締結しますが、一度契約を結ぶと売主は契約期間が終了するまで別の不動産会社に仲介を依頼することができなくなります。また、不動産会社にも、指定流通機構に物件の情報を登録する義務と、売主に定期的に活動状況を報告する義務が生じます。売主にとっては、逐一不動産会社から報告を受けられるので負担は少ないですが、1社しか関わることができないため多くの人に物件を見てもらえにくい点と、実績や信頼がある会社を選ばないと思い通りの不動産売却ができないことがある点が難点です。