不動産売却 · 値引き

不動産売却での値引きについて

不動産売却の際には内覧や交渉の状況によって値引きを検討しなくてはならないケースもあります。ただ不動産売却で値引きをするということはそのまま自分の利益が減ることに繋がるわけですから、判断は慎重に行わなくてはなりません。そしてこの「売り値を安くする」ということには二つの意味があるということも注意が必要です。
まず値引きということが示す一つ目の意味は「自分が望む価格操作」です。これは特にある程度時間が過ぎても内覧客が訪れない場合や、内覧客が来ても商談に入れないといった状態で必要になる行動です。少々極端な例ではありますが、その地域での相場が2000万円の物件に対して5000万円の値段を付けても誰も買おうとはしないでしょう。そうした際には販売価格の調整としての値引きが必要になります。これについては冷静に考えた上で行って良いものです。
しかし問題になるのがもう一つの「自分が望まない価格操作」で、これは特に交渉で相手から値引きをしてほしいと言われたケースが該当します。こちらが問題になる理由として大きいのは「それだけでは自分にとって旨みが少ない」という部分です。もちろんそれで商談がまとまれば良いとも考えられますが、もしそこからさらに交渉に入られたとなると自分の利益がどんどん少なくなって行ってしまいます。かと言って全く交渉に応じないとなると商談はいつまでたってもまとまらなくなりますから、どこまで譲歩できるか考えた上で最終的な決断を出すほかありません。
不動産売却では本当に価格を落としても良いかどうか、冷静かつ慎重に考えて判断することが必要です。特に自分が望まない価格操作となると下手に結論を出すと後で後悔することになりかねませんから、即断即決は避けて多少時間がかかってでも後悔の無い決断を出すようにしましょう。
【家の売却方法.net】家を高く売るには~不動産売却一括査定で業者を比較~はこちら